病院長挨拶
病院紹介
外来のご案内
外来診療担当 休診のご案内
入院のご案内
お見舞いの方へ
健康診断をご希望の方へ
交通のご案内
お問い合わせ先
診療実績・臨床指針
調達情報
バリアフリー情報
情報公開
リンク
各部門紹介
病院広報誌
登別病院地域協議会
よくあるご質問
個人情報保護方針

回復期リハビリテーション病棟

回復期リハビリテーション病棟とは

脳血管障害や骨折の手術などのため急性期で治療を受けて、病状が安定した時期に集中的なリハビリテーションを行なう病棟です。


患者・家族と共に歩むチームアプローチ                     

 朝目覚めた時からリハビリは始まっています。日々のトイレ動作や更衣動作などリハビリスタッフと看護・看護補助者スタッフが、病棟内での生活時間におけるリハビリテーションを積極的に行っています。また、それぞれの病気や症状に応じたリハビリテーションプログラムを、個々の患者さまの目標に合わせて、医師・理学療法士・作業療法士・言語聴覚士・医療ソーシャルワーカー・管理栄養士・看護師・看護補助者が共同で作成し、リハビリテーションを行っています。

 当病棟では、『元気な心と身体の回復』・『日常生活動作の可能な限りの自立』・『社会生活に向けた心身環境の準備』を目指しています。また、患者さまに<自分は、入院している>との意識を取り除き、一日も早く社会に復帰する気持ちを高めていただくため、日中は普段着で生活していただくことを基本としています。

入院対象となる患者さま

  1. 脳血管疾患、脊髄損傷などの発症又は手術後2ヶ月以内の状態
    (高次脳機能障害を伴った重症脳血管障害、重度の頸髄損傷及び頭部外傷を含む多発外傷の場合)
  2. 大腿骨、骨盤、脊椎、股関節の骨折又は手術後2ヶ月以内の状態
  3. 外科手術又は肺炎等の治療時の安静により生じた廃用症候群を有しており、手術後又は発症後2ヶ月以内の状態
  4. 大腿骨、骨盤、脊椎、股関節又は膝関節の神経・筋・靱帯損傷後1ヶ月以内の状態

回復期リハビリテーション病棟のスケジュール表

回復期スケジュール表(PDFファイル形式:77.6kb) ≫

PDF形式のファイルをご覧頂くにはAdobe(R) Reader(R)が必要です。お持ちでない方は左記のアイコンをクリックしてダウンロードして下さい。(無料)

回復期リハビリテーション病棟での入院生活の流れ(脳卒中後の場合を例にとって説明いたします)

【合同初期評価】 


1週~2週目 合同初期評価 riha1
【リハビリテーション】 
riha2
<病棟での車椅子移乗練習>
<病棟での車椅子移乗練習>
riha3
<朝の整容練習>
<絵カードを使用した発話練習>
<絵カードを使用した発話練習>
riha4
<退院後の家事を想定した練習>
【カンファレンス】
1か月頃 riha5
【家屋環境調査】(家庭訪問)
1か月頃 家屋環境調査
家屋環境調査
 riha6

 【退院に向けて】


最長6か月 riha7

平成24年度回復期リハビリテーション病棟統計・施設基準

在宅復帰率   87.5%

 入院患者疾病割合

  運動器疾患   49%

  脳血管疾患   31%

  廃用症候群   20%

 

施設基準   

回復期リハビリテーション病棟入院料2

  休日リハビリテーション提供加算

  リハビリテーション充実加算

PageTop