病院長挨拶
病院紹介
外来のご案内
外来診療担当 休診のご案内
入院のご案内
お見舞いの方へ
健康診断をご希望の方へ
交通のご案内
お問い合わせ先
診療実績・臨床指針
調達情報
バリアフリー情報
情報公開
リンク
各部門紹介
病院広報誌
登別病院地域協議会
よくあるご質問
個人情報保護方針

病院紹介

病院概要

開設者

独立行政法人 地域医療機能推進機構

施設名

登別病院

所在地

登別市登別温泉町133番地

開設年月日

昭和21年6月28日

施設管理者

  • 院   長  伊藤 美夫
  • 副 院 長 横山 豊治
  • 総看護師長 小熊 佐智子
  • 事 務 長 髙橋 尚幸

職員数

165名(平成29年4月現在)

診療科

整形外科・外科・内科・神経内科・泌尿器科・麻酔科・リハビリテーション科

許可病床数

199床
  • 一般病棟 … 104床(54床休床)
  • 療養病棟 … 41床 (休床中)
  • 回復期リハビリテーション病棟 … 54床(一般病棟)

主な保有設備

リハビリテーション棟(理学療法室・作業療法室・言語療法室)、手術室4室(内無菌室1室)、無菌製剤室、温泉大浴室、健診センター

主な保有機器

1.5テスラMRI、4列CT、骨密度測定装置、X線透視装置、X線撮影装置、乳房X線撮影装置、超音波診断装置、内視鏡検査装置、生化学自動 分析装置、免疫測定装置、血液検査装置、血液凝固測定装置、尿検査装置、血糖測定機器、血液脈派検査機器、肺機能検査装置、眼底撮影装置、サーモグラ フィー、神経伝達速度検査装置、筋電図検査装置、睡眠時無呼吸検査装置、脳波検査装置、心電図検査装置、24時間ホルター心電図検査装置、聴力検査装置

 

 

 

施設基準

入院基本料
  • 一般病棟入院基本料 10対1
入院基本料等加算
  • 診療録管理体制加算2
  • 重症者等療養環境特別加算
  • 感染防止対策加算2
  • 退院支援加算2
  • 急性期看護補助体制加算 50対1
  • 医療安全対策加算2
  • 患者サポート体制充実加算
  • 総合評価加算
  • 認知症ケア加算
  • 後発医薬品使用体制加算1
特定入院料
  • 地域包括ケア入院医療管理料2
  • 回復期リハビリテーション病棟入院料1
医学管理等
  • 電子的診療情報評価料
  • 薬剤管理指導料
  • がん治療連携指導料
検査
  • 検体検査管理加算Ⅱ
画像診断
  • CT撮影及びMRI撮影
リハビリテーション
  • 脳血管疾患等リハビリテーション料Ⅰ
  • 運動器リハビリテーション料Ⅰ
輸血
  • 輸血管理料Ⅱ
  • 輸血適正使用加算
手術
  • 胃瘻造説時嚥下機能評価加算
入院時食事療養費・入院時生活療養費
  • 入院時食事療養Ⅰ
  • 入院時生活療養Ⅰ

指定医療

原爆、身障、労災、生保、結核、育成、更生

研修施設認定

  • 日本整形外科学会
  • 日本外科学会
 

 

 

病院理念・基本方針

病院理念

  1. 私たちは、健康と命を守ることを使命とし、良質で安全な医療を提供します。(良質で安全な医療)
  2. 私たちは、笑顔と真心で患者さまに接します。(笑顔と真心)
  3. 私たちは、地域の医療機関と連携を密にし、医療と福祉を推進します。(地域との連携)

基本方針

  1. 地域医療、地域包括ケアの要として、超高齢化社会における地域住民の多様なニーズに応え、地域住民の生活を支えます。
  2. 閑静で豊かな自然と豊富な湯量をほこる温泉を有効資源として、疾病の予防から治療、社会復帰に至る総合的かつ一貫した病院運営をはかります。
  3. 質の高いリハビリテーション病院としての社会的責任と役割を自覚し、北海道内の広い地域からの患者さまの信頼を得られるよう確固たる基盤を確立します。
  4. 登別市内唯一の公的病院として、地域住民の安心と観光をはじめとする地域産業の発展に寄与できるよう、救急・急性期医療の体制の確立をはかります。

敷地内全面禁煙について

当院では、受動喫煙防止のため、平成17年3月1日より敷地内全面禁煙を実施しております。

セカンドオピニオンについて

セカンドオピニオンとは、あなたの病気の診断、治療方針について第三者医師(他医療機関の医師)の意見を求めることを言います。

診断、治療方針において、第三者医師の意見をお求めになりたい方は、遠慮なく医師又は看護師にお申し出ください。第三者医師の意見は快く参考にさせていただきます。

また、他医療機関を受診の方で、診断、治療方針について、当院の医師の意見をお求めになりたい方は、地域連携室へお申し出ください。

情報開示について

当院では、診療情報開示を行っています。病状及び治療について疑問な点、お聞きになりたい点などがございましたら遠慮なく担当医もしくは看護師にお申し出 ください。

 

 

 

 

病院沿革

昭和21年 6月  財団法人年金保険厚生団 登別整形外科療養所として温泉町67番地に24床で開設

院長 高山 担三

昭和23年 1月  財団法人厚生団 登別整形外科療養所と改称
昭和28年 1月  現在地に新病院建設 68床

財団法人厚生団 厚生年金登別整形外科病院と改称

昭和29年 1月  第2病棟工事竣工 132床

漏電により本館焼失 復旧工事着工

昭和30年 3月  本館復旧工事竣工
昭和37年 4月  第1病棟(2号棟)鉄筋化工事竣工 231床
昭和38年 3月  第2病棟(3号棟)鉄筋化工事竣工 280床
昭和41年 3月  東(1号棟)・西(3号棟)病棟改修工事竣工 300床
昭和42年 3月  北病棟(4号棟)新築工事竣工
昭和43年 3月  訓練用プール棟竣工 330床
昭和44年 3月  新中央棟増改築工事竣工 350床
昭和47年 4月  財団法人厚生団 登別厚生年金病院と改称
昭和49年 1月  院長 内海 壽彦
昭和58年 6月  院長 河邨 文一郎
昭和58年 9月  集中豪雨による土砂崩れのため診療休止 復旧工事着工
昭和60年 8月  復旧工事一部(1・2号棟)竣工 診療再開 200床
昭和62年 4月  院長 高橋 長雄
平成 元年 4月  院長 戸塚 守夫
平成 2年 3月  3号棟改修工事竣工 287床
平成 9年 5月  病床数変更 283床
平成10年 6月  在宅支援室設置
平成11年 9月  指定居宅介護支援事業所開設

病床数変更 257床

平成12年 4月  介護保険サービス事業(5事業)開設
平成13年 4月  院長 時田 捷司

回復期リハビリテーション病棟開設(36床)
病床数変更 249床

平成14年 3月  地域連携室設置
平成16年 3月  温泉リハビリプール設置
平成16年 4月  病床数変更 242床

オーダリングシステム導入
SPD導入

平成16年 9月  回復期リハビリテーション病棟増床(54床)
平成17年 2月  栄養部雪崩被害
平成18年 4月  登別地域包括支援センター受託
平成22年 4月  院長 成田 寛志
平成24年 4月  横山豊治副院長 院長職務代行
平成25年 2月  耐震補強工事着工
平成26年 4月  独立行政法人 地域医療機能推進機構 登別病院に組織変更

院長 井須 和男

平成27年 5月  訪問看護ステーション開設
平成28年 4月  院長 伊藤 美夫
平成29年 2月  病床数変更 199床

 

 

患者さまの権利と責任

  1. 患者さまは、差別なしに適切な医療を受ける権利を持っています。
  2. 患者さまは、十分な説明を受け、診療内容を知る権利を持っています。
  3. 患者さまは、プライバシーを保護される権利を持っています。
  4. 患者さまは、医師及び医療従事者と協力して疾病の回復に努める責任があります。
 

 

フロアマップ

5F
4F
3F
2F
1F
B1F
B2F
PageTop