病院長挨拶
病院紹介
外来のご案内
外来診療担当 休診のご案内
入院のご案内
お見舞いの方へ
健康診断をご希望の方へ
交通のご案内
お問い合わせ先
診療実績・臨床指針
調達情報
バリアフリー情報
情報公開
リンク
各部門紹介
病院広報誌
登別病院地域協議会
医療安全管理指針
よくあるご質問
個人情報保護方針
感染対策方針

看護部部署紹介

kangoaisatu kangobusyo kangoiinkai kangopro bosyu
 

1-2byotou

手術や検査および急性期の治療を中心とした一般病棟で、後方支援の役割・機能を担っています。入院患者は高齢者の占める割合が高く、各診療科の特徴をふまえ、予定された検査や治療が順調に進行するように看護を提供しています。
主な疾患は、胸腰椎疾患、大腿・下腿骨折、上肢の骨折、膝関節・股関節変性疾患、肺炎、心不全、脳梗塞後、脳出血後 等。

2-4byotou

疾病、事故等により障害を負った患者が、1日も早く社会復帰ができるよう退院後の生活を見据えて、ADLの改善・向上を目指したチーム医療を行っています。また、看護師一人ひとりが退院支援看護師となり、患者の気持ちに沿った看護を基本としながら、回復期リハビリテーション病棟の質の向上を目指して人材の育成に取り組んでいます。医師・医療福祉相談員・各療法士・看護師部門の合同学習会の実施や、全国の学会や研修会に積極的に参加しています。
対象疾患は、脳血管疾患、脊髄発症、骨盤骨折、下肢の骨折、膝・股人工関節手術後、肺炎など治療時の安静により生じた廃用症候群等。

gairai

平成28年度から一元化して看護実践をしています。
外来は、整形外科、外科、内科、神経内科、麻酔科、泌尿器科の診療科があります。また、健診部門として、人間ドック・生活習慣病健診・乳がん検診・婦人科検診(H29年度開始)があります。
受診者の多くは高齢者で、診察時だけではなく待合時間にも声掛けをするなど、安全に診療が終了できるようにしています。また、訪問看護と連携して情報共有し、スムーズな受診対応をしています。
手術室は3室あり、1室は無菌室で人工関節置換術等の感染防止が必要な手術に使用しています。術前訪問を実施し、手術への不安の軽減に努めると共に、術後訪問の実施も努力して、看護の質向上を目指しています。
主な手術は、脊椎や四肢の骨折、人工関節 等。

houmon

平成9年より外来看護師が午後の時間を利用して訪問看護から始め、平成27年5月訪問看護ステーションとして指定を受けました。訪問先が病院周辺に少ないため、平成27年8月にサテライト事業所を開設しました。東西に延びるサービス提供地域に対応し、当院通院中の利用者の他、近隣の病院・医院より利用者を受け入れています。利用者の内訳は、医療保険より介護保険の利用者の方が多い状況です。周辺の訪問看護ステーションに先立ちモバイルシステムを導入して情報共有の他、訪問看護記録や請求業務の迅速化につながっています。
利用者の疾患は、脳血管疾患、高血圧、糖尿病、慢性心不全、慢性腎不全、神経難病、認知症、癌など。医療処置の内容は、気管カニューレの管理、胃瘻の管理、人工肛門・人工膀胱の管理、ポートの管理、褥瘡処置など。

 
PageTop